マクサルト通販で片頭痛を治そう   >   片頭痛と普通の頭痛の違い

片頭痛と普通の頭痛の違い

頭痛に苛まれる女性

「頭がすごく痛い!でもその原因がわからない」
そう思った経験はないでしょうか?頭痛とひとことで言ってもいくつかの種類に分けられます。

・片頭痛
・慢性片頭痛
・緊張型頭痛
・群発頭痛

片頭痛は間接的に起こる頭痛で、頭の片方のみに痛みを感じることがほとんどです。4時間〜72時間持続することが多く、ズキンズキンという脈打つような痛みが特徴的です。たまに吐き気や嘔吐が併発します。片頭痛は緊張やストレスから解放された時やホルモンバランスが崩れた時などに発生すると言われています。

慢性片頭痛は、片頭痛が慢性化して月に15日またはそれ以上の頻度で起こります。慢性片頭痛は薬の飲みすぎによる副作用として現れることが多いとされています。

緊張型頭痛は2日に1回またはそれ以下の頻度で起こる頭痛で、頭の両側を締め付けられるような感覚に陥る頭痛です。30分ほどで治まることもあれば1週間ほど続くこともあります。

群発頭痛はその名の通り群発的に起こる頭痛のことで、持続時間は15分〜3時間程度と比較的短いことが特徴的です。ただし他の頭痛に比べて激痛を伴うことが多く、目の奥をえぐられるような激しい痛みを感じる人もいるようです。

なかでも今回私たちが注目しているのは片頭痛です。片頭痛は緊張型頭痛などと比較すると発生率は低いのですが、男性が3.6%、女性では12.9%の割合で起こると言われています。片頭痛は普通の頭痛薬では効かないことが多く、それでも片頭痛を緩和するために市販の頭痛薬を使っている人は多いのではないでしょうか。

片頭痛に特化した薬を飲むことで、より効率よく片頭痛の症状を和らげるでしょう。片頭痛専用のお薬として「マクサルト」というお薬があります。マクサルトは病院で処方されるものですが、より気軽に購入できる方法として海外医薬品の通販サイトを利用する方法があります。