マクサルト通販で片頭痛を治そう   >   マクサルトの副作用

マクサルトの副作用

リザクトの副作用が出た女性

マクサルトは、トリプタン系の片頭痛治療薬として有名なお薬です。片頭痛は緊張や過度のストレスなどでセロトニンが大量に放出され、血管が収縮します。それから時間がたつとセロトニンが分解され、その結果拡張して激しい痛みが走るようになります。

片頭痛持ちの人の多くはロキソニンやバファリンなどの市販されている頭痛薬で痛みをなんとか和らげようとしてきたと思いますが、片頭痛専用のマクサルトは片頭痛のメカニズムをしっかりと掴んで設計されているのでより効果が高いとされています。

マクサルトは片頭痛時の頭痛はもちろん、吐き気や嘔吐、視覚や聴覚が敏感になるのを防ぎます。さらに即効性が高く、服用してから30分程度で効果が発揮されるので、今すぐ片頭痛を和らげたいという方にオススメのお薬です。

しかし、一方でマクサルトと飲むと副作用を引き起こすことがあります。マクサルトの主な副作用として、傾眠、倦怠感、眩暈、口渇、脱力、悪心、感覚減退、嘔吐、胸痛、冷感、動悸などがあげられます。

すべての人に起こるというわけではなく、稀に起こるものですし、起こっても時間が経てば自然に解消されていくのでそこまで心配する必要はありません。ただし、ごく稀に重篤な副作用が起こる可能性があるので、その場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

マクサルトは通販サイトでも購入が可能です。「お悩み宅急便」というサイトには、マクサルトのジェネリック医薬品(後発品)である「リザクト」と呼ばれる片頭痛治療薬が販売されています。新薬のマクサルトよりも安価ですが、同成分が含まれており同等の効果を得られるので、通販サイトではリザクトを購入する人の方が多いようです。